日焼け止めの選び方

店頭では、たくさんの日焼け止めを目にしますね。

あなたはどのような基準で日焼け止めを選んでいますか?
SPFやPAの数値が高いものというだけで、選んでいませんか?

ここでは、日焼け止めの選び方のアドバイスをしていますので、選ぶ際に参考にしていただけると嬉しいです。


まずは、SPFとPAについてです。

肌が赤くなり、のちに黒く日焼けになる主な原因であるUVBを防ぐ効果を表したものがSPFであり、シミやしわの原因になるUVAを防ぐ効果を表したものがPAです。

一般的に色白の人に多く見られるのですが、紫外線に当たると真っ赤になり、黒くはならない人は、紫外線の影響を受けやすいので、SPFもPAも高いものを選ぶといいでしょう。


日焼け止めを選ぶ時に思い浮かべてほしいのが、どういうところで、どういうときに使うか、ということです。

例えば、近所への買い物や洗濯ものを干す、子供と散歩をするなど日常生活の中で紫外線を防ぎたい場合は、SPFが15~20、PA+かPA++のもので十分です。
その上からファンデーションなどでメイクをするとさらに効果的です。

そして、海水浴やアウトドア、ゴルフ、テニスなどのスポーツをする時は、SPF30以上のもので、PA+++のものがいいと思います。
特に、屋外でスポーツをする人に最適なのが、汗に強いウォータープルーフの日焼け止めです。

その他、万が一汗で日焼け止めが流れても目にしみない低刺激のものや、サラサラしてべたつかないもの、白浮きしない高機能の日焼け止めもお勧めです。


その他、日焼け止めを選ぶ時に注意したいのが、含まれる成分です。
日焼け止めには、「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」が含まれており、紫外線から肌を守る反面、肌にも負担がかかります。
そのため、書いてある成分量にも注意し、できればこれらが少ないものを選ぶといいと思います。


以上、日焼け止めの選び方について簡単にご説明しましたが、人によって肌質が違うので、いくつか試しながら、自分に合ったものを使ってください。

この記事のタグ

サイト内関連記事

日焼け止めの種類とは?
日焼け止めと一言で言っても、数えきれいほどたくさんの種類があります。 ここで、少......
赤ちゃんや子供にぴったりの日焼け止め
今や赤ちゃんや子供にも日焼け止めが必要な時代です。 一昔前は、子供は真黒に日焼け......
敏感肌の人のための日焼け止め
敏感肌の人のための日焼け止めのご紹介です。 私は、アレルギー体質で敏感肌なので、......
お勧めの日焼け止め製品~顔用~
お勧めの日焼け止め製品のご紹介です。 どの日焼け止めを選んだらいいか迷っている人......
お勧めの日焼け止め~体用~
日焼け止めが欠かせない季節になってきました。 日中は紫外線が強く、日によっては、......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

日焼け止めを効果的に使って素肌美人を目指そう!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.schaubgis.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。