用途に合わせて日焼け止めを使い分けよう!

あなたは、日焼け止めをいくつ持っていますか?

「1つに決まってるでしょ!?」「たくさん持つ必要はないんじゃない?」と思った人も少なくないでしょうね。
しかし、日焼け止め用途に合わせて使い分けたほうがいいので、少なくても2~3本を持つことがお勧めです。

例えば、洗濯ものを干したり、買い物や子供たちと散歩に出かけるなど日常生活を送るだけなら、SPFやPAの数値が高いものを使う必要はありません。
大は小を兼ねる、で、SPF50やPA+++の高い数値の日焼け止めを使っておけば、どんな紫外線も予防できるから間違いない!と思っていませんか?

それは間違いです!

どんなに高い数値の日焼け止めを使っても、化粧崩れをしたり、汗で流れたり、時間の経過によってその効果はどんどん薄れてきます。
そして何より、肌への負担が大きいので、かえって肌トラブルを引き起こしかねません。
一番大事なのは、こまめに塗り直すことです。
そして、日焼け止め効果をアップするには、高い数値のものを使うことよりも、薄くまんべんなく伸ばし、ムラなく重ねづけすることです。

もちろん、テニスやゴルフなど、屋外のスポーツをする方や海水浴やアウトドアなどに出かける時は、SPF50やPA+++の物を使ってください。
この際にも、数値が高いからといって安心することなく、こまめに塗り直すようにしましょう。
海で泳げば日焼け止めは落ちますし、汗をかけば流れます。
ウォータープルーフのものを使ってもいいと思いますが、その分肌への負担がかかることをお忘れなく。


日焼け止めには、化粧下地にUVカット成分が入っているもの、顔用、体用、または顔と体の両方に使えるものがありますが、これらも用途やシーンに応じて使い分けるといいと思います。

例えば、外出予定がなく、1日中家にいる時でも、紫外線は窓から燦々と降り注いでいるので、化粧をしない日でも、SPFの数値の低いものでケアするようにしましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

日焼け止めを効果的に使う方法
あなたは日焼け止めを使っていますか? 果たして、その日焼け止めの効果は最大限に生......
日焼け止めグッズを使って紫外線をトリプルブロック!
紫外線対策は、日焼け止めクリームだけではありませんね。 みなさんいろいろな日焼け......
日焼け止め効果がある化粧品とメイク方法
女性には欠かせない化粧品ですが、選び方やメイク方法によって日焼け止め効果がアップ......
日焼け止めの効果をアップするサプリメントとは?
紫外線対策に日焼け止めを使う人は多いですね。 日焼け止めと併用して、帽子や日傘、......
日焼け止め効果を最大限に生かす素肌の作り方
この時期日焼け止めは欠かせませんよね。 室内にいても、紫外線の影響は受けるので、......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME