気になる日焼け止めに含まれる成分とは?

あなたは、日焼け止めを買うときに成分まで見ていますか?


私は、日焼け止めを買うときにSPFやPAの値は気にしますが、含まれている成分まで気にしたことはありませんでした。

私は、敏感肌な上、アレルギー体質で、肌トラブルを起こしやすいので、低刺激と書かれているものを選んでいますが、成分までは知りませんでした。

ここでは、その日焼け止めの成分についてお話しします。


日焼け止めの成分は、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類から構成されています。

「紫外線吸収剤」は、紫外線吸収剤が紫外線を吸収し、熱エネルギーに変え、肌へ浸透するのを防いでくれるものです。
だたし、熱エネルギーに変えるということは、化学変化を起こしているということなので、肌への負担は大きくなり、長時間使用すると肌トラブルを引き起こす原因にもなります。
SPFやPAの数値の高いものに多く含まれているので、使用には注意しましょう。

紫外線吸収剤の成分名をご紹介しておきますので、お持ちの日焼け止めの成分名と照らし合わせてみてください。
紫外線吸収剤の成分名は、メトキシケイヒ酸オクチルやオキシベンゾン、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、パルソールA、メギゾリル、グアイアズレン、サリチル酸フェニル、パラアミノ安息香酸エステルなどです。


「紫外線散乱剤」は、紫外線散乱剤が、肌を覆って紫外線を反射して日焼けから守ってくれるものです。
紫外線吸収剤に比べ、肌への負担が少ないので、SPFやPAの数値が低いものの中には、紫外線散乱剤のみで構成されているものや、紫外線吸収剤の量を極力抑えて紫外線散乱剤を主成分に構成されているものが多いので、日常生活には、そういったものを使うといいでしょう

こちらも主な成分名を挙げておきますね。
酸化チタン、参加セリウム、カオリン、タルクなどがあります。


このように、日焼け止めに含まれる成分には、日焼けを防止する効果がある反面、肌に多大な負担をかける成分も含まれているので、注意書きをよく読んで、購入・使用するようにしましょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

日焼け止めを使う必要性とは?
あなたは日焼け止めを使っていますか? これからの季節に日焼け止めは欠かせません......
日焼け止めの基礎知識を得よう!
日焼け止めを使っている人の中で、どのくらいの人が日焼け止めについて正しい知識を持......
日焼け止めを使うときの注意点
日焼け止めは使い方次第で効果が半減されるどころか、かえって日焼けがひどくなったり......
なぜ赤ちゃんや子供にも日焼け止めが必要なのか?
あなたは赤ちゃんや子供に日焼け止めを使っていますか? 一昔前は、子供は1年を通し......
日焼け止めがオールシーズン必要な理由とは?
あなたは日焼け止めを夏場だけ使っていませんか? 春先の暖かくなる時期から日焼け止......
日焼け止めのクレンジングと使い方
あなたは日焼け止め専用のクレンジングを使っていますか? しっかり日焼け止めは塗っ......

関連ニュース

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

日焼け止めを効果的に使って素肌美人を目指そう!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.schaubgis.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。